太るのはなぜか?原因をチェックしてダイエットを成功させよう

20151117
太る原因をチェックするには摂取カロリーと消費カロリーを整理する事が有効であり、食べる量が多くなればカロリーも増えて、動かない生活をしていると消費カロリーも減ってしまいますから、カロリーが蓄積されれば体重は増えていきます。

運動で消費するカロリーを増やす事は大変であり、食べ過ぎを防いだ方がカロリー低下に結びつきやすく、お茶碗一杯程度で250カロリー程がありますが、運動で250カロリー消費は非常に負担が大きいです。

食事と運動の関係を整理すると太っていて悩んでいる場合には、原因が解りますし対応も可能です。

スポンサードリンク

食事量を減らしているのに太るという方も居ますが、これは食事量を減らし過ぎて代謝が落ちて太りやすくなっている可能性が高く、さらに言えば栄養不足によっても体重は増えていく事もあります。

タンパク質や糖質、脂質等の三大栄養素をバランス良く摂取する事は有効であり、炭水化物が太るからと糖質制限を過剰に行ってしまえば体に負担を与える事にもなりますし、タンパク質摂取を行わないと筋肉を作れずに代謝が大きく低下します。

スポンサードリンク

栄養素が不足している体は脂肪燃焼効率が悪く、不健康な状態にもなりますから食べる量を減らしていても食べるものの選択を間違えると太りますし、仮に食べる量を減らして痩せても再び食べ出す以前よりも体は体内に栄養を溜めようとして太りやすくなってしまいます。

栄養摂取を行って筋肉を作って代謝を高めていく事が結果的に痩せる事に繋がりますし、健康的に体を作って体重を落とす事が出来る可能性が高いです。

いずれにしてもバランス良く腹八分食べて体をなるべく動かす事は有効なダイエットでもあり、体重が減らずに太るという方は食事や運動バランスを見極めていく事が望ましいと言えます。

糖質を減らしてタンパク質を摂取という感じで調整する事は有効であり、例えば肉を食べても太ると考える方も居ますが、ご飯の減らした分を肉に変えて、肉の種類も脂の少ない赤身肉等を食べればタンパク質を摂取して脂肪が燃えやすい体に作り替えていく事も出来るものです。

鶏肉のささみやむね肉もタンパク質摂取しつつ脂質もカロリーも少ない利点もあり、食べ物を漠然と減らすというよりも、食事に含まれる栄養成分や働きを少し意識するだけでも、食べる量に満足感を得ながらも痩せていく事は可能になります。

太る原因は大抵食事摂取の仕方と運動のバランスによる所が多く、食べる量を増やしたり減らしたりだけの問題ではない事も多いです。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です