骨折して太った私が退院後にチャレンジしたダイエット方法とその結果とは?


私は20歳の頃に、事故に遭い約1年間求職して入院、リハビリをしていました。

最初はご飯も食べられず、痩せてしまったのですが、徐々に回復していくと共に食欲も増し、いつしかつまらない病院生活で唯一の楽しみが食べる時間となっていきました。

お見舞いでも美味しいものを沢山もらうので、朝昼晩の病院食に10時と3時のおやつをつけてもらい、その上もらったお見舞いのお菓子も食べていました。

スポンサードリンク

リハビリといっても、さほど汗をかいて走り回る訳でもないのでみるみる体重が増加していき、もとより10キロ以上増えてしまいました。

退院して自宅療養している間も、良く食べるのにあまり動かないので体重は増え続けました。

足を骨折していたので、体重がもとより10キロ以上重くなって骨折部分だけでなく膝も痛くなってしまってきました。

このままではいけない!

治るものもなおらない!

とようやく気づき、ダイエットを決意しました。

まず、毎日必ず2キロ以上歩くと決めて、散歩に出ました。

でも、途中にあるお店に寄っては、大好きなアイスを買ってしまうので意味がありません。

沢山歩いたから食べてもいいや、となってしまいリハビリにはなりましたがダイエットの効果は出ませんでした。

スポンサードリンク

そこで、インターネットで見つけたダイエットサプリを購入してみることにしました。

説明を読むと、食べるものを制限しなくても、飲むだけで脂肪などの余分なものを燃焼してくれるということでした。

値段もお手頃だし、この時食べることが唯一の楽しみだった私にとって食事制限が一番辛かったので、迷わず飲み始めました。

しかし、飲んだからといって特になんの効果もなく購入した分を飲みきってしまいました。

書いてあることと違う!

と思い、続けて購入するのを止めました。

インターネットは信用できないと思い、薬局で売っている一食をシェイクに置き換えるダイエット食品を試してみることにしました。

値段が少し高いのですが、昔友人もやっていたことを思い出しました。

ただ、やっていた友人はダイエットするほど太っている訳ではなかったので周りから見てもそんなに「激やせした!」という感じはありませんでした。

でも、今の自分ならCMに出れるほど効果が目に見える気がして、ウキウキして購入しました。

味は美味しくもないけど、まずくもなくでした。

置き換える食事は、家で一人でいるお昼にしました。

最初は、飽きないように色々な味が入っているので楽しく選んで飲んでいました。

しかし、やはり種類はあっても自分好みがはっきりしてきます。

それに加えて、変わらない味に飽きてきてしまいました。

置き換えをすることで少し体重は落ちましたが、飽きてしまい続けるのが嫌になってしまいました。

ダイエットは甘い気持ちではできないものだ、と思いました。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です