子宮筋腫の術後にダイエットを始めました。健康は自分で手に入れるもの。


私のダイエット経験は子宮の病気から始まりました。

もう10年前になります。

まず生理痛が酷かった事、予定日でもないのに月経が来たり、おまけに肩まで痛くなってきます。

スポンサードリンク

その時の体重が55キロもあり、身長153センチの私は歩くのにもかなり疲れていました。

ある日、またいつもの生理痛だと思っていたら、数日後には立ち上がれないほど酷い下腹部の痛みに襲われました。

転げまわるぐらい痛むのです。

背中を曲げて苦しむ私を見て、主人は次は絶対に病院に行きなさいと言いました。

しかし、私は多分大丈夫だろうと楽観していました。

ところが、そうはいきませんでした。

その日はすごく肩が重い日で、普通に家事を済ませてゆっくり横になっていたのですが、いきなり前とは違い、何かに突き刺されるような痛みに襲われました。

背中まで貫通するのではないかと思ったほどです。

冷や汗は止まらず、月経の日でもなかったので、自分では何が起こったのか分からずに、頭が真っ白になりました。

たまたま仕事が休みで側にいた主人が、抱えるようにして私を婦人科まで連れて行ってくれました。

診察の結果は子宮筋腫で、すでにグレープフルーツ大の大きさだと言われました。

スポンサードリンク

これはいけないという事で、先生から手術が出来る病院を紹介して頂き、一週間後にその病院へ行きました。

検査を再度行い、「大きくなってますね。

痛かったのでは?」と言われた時は泣きそうになりました。

それから手術の日程が2ヶ月後に決まり、手術を受けました。

術後は痛みもあって、「なぜ、自分が…」と考えてしまっていました。

入院中、女性の先生から、「退院したら、無理しない程度に運動しなさい!」と言われました。

私は運動なんか大っ嫌いでしたから、その時は適当に「…はい。

」と答えました。

そして無事退院してからは、安静が一番だと思って運動はしませんでした。

食欲も出てきたので、健康だなんて思っていたのですが、それは大間違いでした。

体重は元に戻りつつあり、背中は曲がって、40歳だった私はおばあさんにしか見えなくなっていたのです。

それを実感した時はとてもショックでした。

それからは、まず体重を若い時のものに近づける事を目標として、毎日時間がある時に、自宅で運動出来るビデオを見ながら、最高55キロだった体重を47キロまで、約一年かけて落としました。

また、ヨガのビデオで姿勢を良くするポーズを行い、スッキリした背中の後ろ姿美人を目指しました。

体調も良くなり、こんなに体を動かしてスッキリ痩せることができるなんて、自分でも驚きです。

健康は自分自身で手に入れるものだと思いました。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です