スープダイエットの味付けには工夫を凝らして


歳を重ねて少しずつ筋肉が衰えていくと、どんどんぜい肉が落ちにくくなりますよね。

健康のためにも痩せなくちゃ!

でも急な激しい運動は関節に負担をかけ、健康的には逆効果です。

スポンサードリンク

そんな時におすすめなのは、楽しく、美味しく、継続できるスープダイエットです。

特に身体を冷やしがちな冬の時期、芯から身体を温める食材であるショウガと根菜を入れます。

冷えは脂肪の燃焼を妨げ、脂肪を凝り固めてしまいます。

ダイエット効果のあるトマトやケチャップを入れて、コンソメで味付けすればミネストローネ風に。

色々な種類のキノコを入れて、レンコンのすりおろしでとろみをつけ、中華スープの素で味を調えれば、さらに温かさが持続する中華スープに。

スポンサードリンク

そして、一番お手軽で毎日食べられるのは、私たちに身近な味噌汁です。

ショウガはもちろん、根菜で甘みのあるにんじんや、栄養豊富なのにカロリーがほとんどない豆もやし、食物繊維を含んだキャベツを鍋に入れ、火にかけます。

根菜も炒めてじっくり火を通すことで本来の甘みが引き出され、摂りやすくなります。

また、女性には、女性ホルモンを整えるイソフラボンを含んだ大豆を加工した味噌や、アレンジとして豆乳を加えるのもお手軽でおすすめです。

つい食べ過ぎてしまう夕食には、スープを最初に食べることで満腹感を感じられるので全体的に食べる量も減らすことができます。

野菜を最初に食べる食べ順ダイエットも効果的だそうですが、身体を冷やす生野菜より、温かいスープで野菜を摂りましょう。

激しい筋トレや運動をしなくても、お腹周りの部分痩せなどにピッタリです。

ぜひ、美味しく楽しくスープダイエットにトライしてみてくださいね!

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です