糖質制限ダイエットの注意点は?避けた方が良いものって何?


血糖値を上げる食べ物が糖質、つまり炭水化物や糖分なのですが、お菓子だけではありません。

何を食べたらいいのか見ていきましょう。

摂りたいもの、肉、魚、卵、大豆製品、乳製品、ナッツ控えるもの、米、麺類、パン、小麦製品、芋、カボチャ、砂糖、調味料基本は簡単で、たんぱく質を中心に食べるだけです。

スポンサードリンク

小食の人、食べることを我慢する習慣がある人は、たんぱく質だけではフラフラになる事があります。

今まで米やパン麺類が中心だった人も、いきなり摂らなくなると体が追い付かない場合があります。

炭水化物は少量食べる、今までの食事にたんぱく質を足す、から始めるといいでしょう。

動かないデスクワーカーはゼロから試してみてもいいかもしれませんが、糖質ゼロを目指すのはイベント前だけでもよいかと思います。

糖質制限では、繊維質が不足しがちになりやすいです。

スポンサードリンク

腸内環境を整えるために食物繊維が必要です。

腸内環境が整うことで美肌効果もダイエット効果もあるからです。

摂りたいものは野菜、海藻(寒天をスープ、汁物に入れるのも)、ごま、ナッツ(食べ過ぎには注意)米を食べたい人は雑穀や寒天を一緒に炊くと少量でもお腹にたまる上に繊維質も豊富になり、一石二鳥です。

野菜果物は摂り過ぎないよう、ジュースではなく固形で食べます。

モデルはフィットネスを行っている人が多く、アスリートやスタイルの美しさを職業にしている人と同じ食事を真似するのは危険です。

どうしても食べたいお気に入りのお菓子、炭水化物があれば、他の食事で調整します。

毎食必ずたんぱく質を食べる、缶詰や冷凍、チルド商品を利用すると便利です。

ただ、揚げ物や加工食品はダイエットには向かないため、避けるのが無難です。

注意点として、たんぱく質は必須栄養素ですが、アレルギーの合わない食品に気をつけてください。

せっかく美しくなろうとしているのに、体調が悪くなってはもったいないです。

食べることを楽しんで、綺麗になる事も楽しみましょう。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です