ダイエットで食べてないのに太るのはどうして?食事内容をチェックしてみよう


ダイエットでカロリー制限を行う事で体重を減らしていけるのですが、食べてないのに太る場合があります。

体重が増えないように食べずに我慢しているのに太るという事は頻繁に起こりえる事であり、理由としては代謝低下によって太りやすい体質になり、僅かな量を食べても脂肪に変わりやすくなっている事が挙げられます。

栄養不足によっても太りやすくなるものです。

スポンサードリンク

栄養バランスに欠ける食事は太る原因にもなり、タンパク質を摂取をせずに炭水化物を多く摂っていると筋肉を作る機能も弱まって代謝低下します。

カロリー制限はダイエットには有効ですが栄養バランスを調整した上で食べる量をコントロールする事が必要になります。

食べない事によって腸内環境の悪化も起こりやすくなります。

腸内に食べ物が入ってこなくなれば便を作ったり排泄する能力は低下していく事になり、そうなれば代謝や免疫力も落ちていく事にも繋がり、結果的に栄養不足な上に代謝低下が起こって疲れやすくなってしまいます。

免疫力も下がりますから不健康な状態になるのです。

スポンサードリンク

ですから食べないダイエットというのは腸内の動きを作るような食事内容にして、代謝が落ちない食事内容にしていく事が必要だと言えます。

食べる量を減らしたにも関わらず太ると言う場合には、食事内容を変えればダイエットに成功する可能性があります。

食物繊維を摂取するようにするとカロリーが少なくても満腹感も得られ、腸内の動きを活発にしてくれますからダイエットに有効な食材だと言えます。

ご飯や麺類等の炭水化物の比率が多い場合は、筋肉を作って代謝を高める為にもタンパク質や脂質のバランスも調整して食べるとダイエットに有効です。

例えば肉が太ると考える方も居ますが、脂の少ない赤身肉を摂取するとカロリーや脂質も少なくタンパク質が摂取できます。

偏った考え方をせず食事内容を調整していく事によってダイエットを行う事が出来るのです。

食べないでダイエットを行っていると再び食べ出すとリバウンドを起こすリスクもあります。

食べる量を少なくしているにも関わらず食材の選択を間違ってしまえば栄養不足にも陥りますから、食事内容は栄養バランスを考慮して選択する事が有効です。

栄養バランスを取りながら食事量を減らしていけば健康維持しながら痩せていく事が出来ます。

リバウンドを起こさないような体を作る事が可能になるのです。

食べる量を減らしているのに太っている事に悩んでいる場合は、食事内容をチェックしてからダイエットを行う事です。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です