メタボになりにくい食事のおすすめは?食材の選び方や食べ方とは?

20151025
メタボになってしまうのは、やはり糖分を多く摂取してしまうことが原因です。

糖分というものは内臓脂肪の原因となることが多く、それらを多く摂り過ぎることでメタボになりやすくなります。

自分もそうでしたが、肉を焼いて食べた時よりも、糖分の多い食事をたくさん食べ過ぎてしまった時に、このような結果となりました。

スポンサードリンク

自分では毎日、そんなにカロリーを抑えては、食べる量も控えているのに、どうしてもメタボになってしまうということがあります。

これは、その料理で食べる食事が原因だったりするのです。

メタボになりやすいのは糖分が多い食材です。

その食材は砂糖が挙げられます。

砂糖が多いのはスイーツ系が多く、それを食べ過ぎると、脂肪がお腹周りに付きやすくなりました。

でも、普通の料理でも糖分を多く摂取してしまうものがあります。

それが、イモやトウモロコシです。

これらは野菜と思ってはヘルシーだからいいだろうと思いきや、いがいと糖分が多いのです。

これらに砂糖を入れては煮物にしたり、バター炒めなどにしては丸ごと1個食べていれば、かなりの糖分摂取となります。

スポンサードリンク

炭水化物のご飯やパンにも多くの糖分が含まれています。

それらの炭水化物を多く食べてしまえば、より脂肪が付きやすくなります。

こんな時にはご飯の量を控えたり、イモやトウモロコシなどの糖分の少ない食材を控えてダイエットをすることがポイントです。

ダイエットには、それらの食材を今の半分にして制限すれば、メタボも除々に解消されます。

あまり無理に食べないでダイエットをしてしまうと肉割れを起しますし、体調をくずすこととなります。

急激ではなく、除々にその量を減らすのが先決です。

ダイエットには魚を中心とした食事をするのが1番です。

白身の魚をオリーブオイルで焼いたり、バターで焼いてはペッパーなどで振りかけて食べるのです。

鮭を焼いたりして食べるのも良いものです。

魚が苦手という人には、イカや牡蠣などを焼いて食べるといいです。

イカを食べやすい大きさに切って、それを焼いてはユズポンをかけて食べるのです。

牡蠣は生ガキをそのまま食べても良いですし、焼いてレモンやドレッシングをかけて食べると、より美味しく食べれます。

ご飯よりも栄養価が高く、健康的にダイエットできます。

牡蠣のチャンチャン焼きにしてもいいですし、イカの塩辛でも美味しくダイエットできます。

少しの量ならご飯を食べてもいいので、おかずの量を多めにして食べるといいでしょう。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です