ウエストがきついのでダイエット!1か月で5センチ減らした方法


趣味で地元の合唱団に入っています。

年に一度だけ、暮れのコンサートで舞台に立ちます。

なので、衣装は毎年ほぼ同じ。

スポンサードリンク

とは言え、本番1ヶ月前には一応衣装をチェックします。

カビや虫食いなど無いか?

ちゃんと着れるか?ある年の事、毎年のように黒のロングスカートをはいてみて、ん?き、きつい?

これを無理矢理はいて、歌うとどうなるか?

ブレスをしたひょうしにホックがプチンと弾けて、後ろで歌っている人を直撃!?

そしてスカートはズルズルと舞台に~!

そんな漫画のような光景が頭に浮かんで、これはマズいと思いました。

そして一念発起して、スカートを新調せずに自分の腹回りをスカートに合わせる事にしたのです。

以前に購入してそのまま洋服掛けと化していた、通販でお馴染みのレッグマジックサークルを真面目にやる事を決意。

スポンサードリンク

私が持っていたのは、両足を開脚しながら回転も出来る、いわゆるひねりの動作が加わる優れものでした。

毎日、主に夕食後で就寝前に、開閉脚運動を1分。

股関節を緩めるように広げて屈伸しながらの開脚運動を1分。

開脚しながらウエストをひねる運動を1分。

1ヶ月間、一日も欠かす事なくきちんとやりました。

そして辛かったのはここからです。

毎晩、寝る前の小腹の空く時間の晩酌。

私の場合、酒の量よりつまみの量の方が多かったので、とにかく酒を飲まなければ何も食べずに寝られると思い、我慢しました。

きっと、夜食を食べずに寝た事が良かったのだと思います。

他にも、おやつをなるべく我慢したり、歩く姿勢を気をつけたりもしましたが、結果的には1ヶ月間でウエストを-5センチ落とし、無事にホックがぶっ飛ぶ事なく本番を終える事が出来ました。

今でも、時々はサボりますが、ウエストひねり運動は続けているので、なんとなくではありますがくびれをキープしています。

何より、夜食は内臓への負担も大きいので、辞めたら健康になりました。

勿論、時々は自分へのご褒美で食べちゃいますけど。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です