トマトダイエットのレシピは?サラダ、スープからデザートまで毎食食べて痩せられる?

20151013
ひところ、トマトダイエットが流行しました。

夜にトマトを食べると、新陳代謝が上がり痩せる、という内容で、TVで話題になったときは、スーパーからトマトがなくなったものでした。

このトマトでのダイエットは、夕食と置き換えたり、夕食を減らし一部をトマトにすると有効、というのは本当でした。

スポンサードリンク

ただ、どうしても量がいるので、続かない方もあったかもしれませんね。

無理なく続けるコツは、やはり美味しく頂くことに尽きます。

いくら夜に食べると有効、とはいっても、毎晩トマトでは飽きてしまいますよね。

うちでは、一日の食事の中に、夜に集中するのではなくて、一日中いろんな形で食べていました。

これは、家庭菜園ブームが始まってからのことで、10年近く続けています。

ダイエット目的というよりは、採れすぎたトマトをなんとか食べ切ろうと、色々工夫した結果、ダイエットに繋がりました。

まずはサラダで生食から始まり、食事の細部にトマトを使います。

ブレンダーにかけてソースにしておき、パスタのソースや、野菜スープのベースにします。

トマトはカロリーが低く、食物繊維もたっぷりなので、トマトのソースはジップロックに入れて冷凍しておくと、いつでも取り出して使え、レシピも豊富にあります。

トマトのスープは、キャベツやマメ類、インゲン、玉ねぎなどをたっぷり具にすれば、お腹もいっぱいになり、低カロリーなのでたくさん食べても太らず、胃にも優しいです。

スポンサードリンク

さらに、トマトで作る料理には『ガスパチョ』というドリンクがあります。

スペインの家庭料理で、適度な塩分とニンニクやハーブ、数種のスパイスをブレンダーにかけた飲み物です。

スペインでは強壮用として男性もよく飲みます。

外国は、飲み物からも栄養を摂る習慣があるので、仕事の合間のドリンクとしても愛されています。

暑いときは、コップ一杯のガスパチョで疲れが取れて、お腹もいっぱいになります。

スムージーのような効果もありますね。

また、ダイエットに間食は大敵ですが、我慢にも限界があるので、トマトをスイーツにしておきます。

これは簡単で、トマトの皮をむいて角切りにして、少量の蜂蜜をかけ、冷蔵庫にしばらく置いておけば、食べたい午後には冷え冷えのトマトスイーツの出来上がりです。

トマトの水分が、ほどよくしみ出して蜂蜜と混ざり、甘酸っぱいデザートになっています。

一日にトマトをサラダ、スープ、ガスパチョ、デザート、という風に毎食食べていくと、お腹の脂肪が少なくなってきます。

トマトの新陳代謝効果はお通じにも効き、とても順調になります。

これだけで、月1キロは努力せず痩せられます。

トマトの抗酸化作用(アンチエイジング)、抗ガン作用も魅力ですね。

また、トマトの効果として、精神安定効果もあります。

これはすべての野菜にあるのですが、調理しなくてもそのまま食べられるトマトは身近だと思います。

日常生活のストレスも、トマトが吸収し排出してくれると思えば、とてもありがたい野菜ですね。

家庭菜園で収穫したものは、冷凍して冬場にも使えるので、庭やベランダで植えられる方は自分で育ててもいいですね。

世話するのに運動にもなって、ダイエット効果がより上がります。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です