酵素ダイエットで失敗しないための酵素ドリンクの選び方4つのポイント!

20150903
酵素ダイエットとは酵素を取り入れてやせようというダイエット方法です。

酵素ドリンクを使って置き換えやプチ断食をするのが一般的なやり方です。

酵素を取り入れることで代謝が円滑になったり、摂取カロリーが減ることでダイエット効果を得ることができます。

スポンサードリンク

酵素でダイエット成功という雑誌記事などもありますが、中には失敗してしまった方もいます。

どうすれば酵素ダイエットを成功させることができるのでしょうか。

酵素ダイエットに失敗しないためには酵素ドリンクの選び方が重要です。

酵素ドリンクは野菜・果物・海藻・穀物などさまざまな原料を発酵・熟成させて作っているので、独特の臭いや味がして飲みにくく、挫折してしまうことがあります。

まずいものを毎日我慢して飲むのはつらくストレスになります。

置き換えは最低でも2週間くらい継続する必要があるので、おいしく続けられるものを選びましょう。

保存や味を調えるために添加物を使用した酵素ドリンクがあります。

添加物は体に不要なものなので素早く排泄する必要があり、排泄のために酵素が浪費されます。

スポンサードリンク

せっかく酵素ドリンクで酵素を摂ったり内臓を休めることができるのに、添加物使用の酵素ドリンクでは添加物の解毒のために酵素が使われて代謝のための酵素が不足するので、この働きを十分に得ることができません。

できるだけ無添加の酵素ドリンクを選びましょう。

よくある失敗例がドカ食いや間食です。

置き換えやプチ断食をすると空腹を感じることがあり、空腹に勝てずドカ食いをしたりお菓子に手が伸びて失敗するケースがあります。

液体は消化によいのですぐにお腹が空いてしまうのです。

飲み方を工夫すると空腹が和らぎます。

豆乳や牛乳に混ぜるととろみがでて満足感を得られ、胃の停滞時間が長くなるので空腹が軽減します。

こまめに酵素ドリンクを飲むことでも、栄養や酵素で満たされてお腹が空きにくくなります。

午前中に置き換えをする場合は、起床時・10時・昼食前の3回に分けて飲むとよいでしょう。

代謝を高めるには栄養が必要です。

ただカロリーを減らしただけでは脂肪燃焼効率が悪い体になってしまいます。

栄養豊富な酵素ドリンクなら、代謝が活発になりやせやすい体質に近づきます。

使用原料の数が多く、水や砂糖で薄めていない酵素ドリンクが栄養豊富です。

安すぎる酵素ドリンクは水や砂糖で薄めている可能性があるので、原料をよく読んで確認してください。

栄養豊富な酵素ドリンクを飲むことで、空腹がおさまる働きもあります。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です