汗をかくお風呂の入り方を実行すれば冬でも痩せられる!


普段から身体を動かす仕事に就いていますが、プライベートでも休日にはバスケットボールをして常に汗をかくように心がけています。

寒い時期だと身体も正直動かしにくくなるのですが、秋冬だからこそ運動をしなくてはと思っています。

冬の時期に太りやすい体質の女性も多いですし、実際私もそうだからです。

スポンサードリンク

運動して汗をかくようにはしていますが、さすがに夏場に比べると季節がら汗の量は激減します。

それもあってかなかなか体重も落ちないので、何か運動以外でダイエットにつながることはないか会社の後輩と話しをしたことがありました。

スポンサードリンク

その後輩が実践していることを私も始めてみたのです。

それは入浴時に30分以上湯船に浸かることです。

30分というのは、基本的に有酸素運動は20分以上しないと効果が出ないということもありそれになぞらえています。

湯船の設定温度も適温にしないとのぼせてしまうので自分に合った温度を設定します。

そして、半身浴ではなく肩まで浸かり首のところまで風呂のふたを閉めて半密封状態にします。

これでサウナのような状態ができます。

こうする事で大量の汗が吹き出します。

ただ30分浸かるのは大変なので、ふやけても良い雑誌などを持ち込んで、風呂のふたの上に乗せて読んでいました。

すると30分なんてあっという間に過ぎてしまいます。

即効性はさすがにありませんが、秋冬の期間に継続する事で毎日少しずつ体重は落ちていきました。

最終的にわずかですが2キロは減量することができました。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です