低炭水化物ダイエットでリバウンドして失敗・・・辛かった体験談


私は以前に低炭水化物ダイエットをして失敗したことがあります。

その当時は低炭水化物ダイエットが流行っていて、私でも無理なく出来そうなダイエット方法だったので実践しました。

低炭水化物ダイエットとは、炭水化物が主体のお米やパンや蕎麦やパスタやうどんなどの麺類や、お砂糖を使っているお菓子やおせんべいやイモ類や、脂質の多いオイルやナッツ類や大豆製品を制限する方法です。

スポンサードリンク

まず朝食にはグレープフルーツを半分と低カロリーな緑茶や紅茶やコーヒーといったドリンクを飲みます。

そして昼食はたっぷりの生の野菜と蛋白源である肉か魚を食べます。

スポンサードリンク

そして夕食はたっぷりの生野菜か温野菜と肉か魚のどちらかを食べるといった食事方法を続けていました。

最初はご飯やパンがまったく食べられないので、少しイライラすることもありました。

でも段々と体が慣れてきてこのような食事でも満足するようになりました。

こんな食事を2か月くらい続けていると体重は6キログラムくらい減って、体がとても軽くなりスタイルも良くなりました。

でもその2か月間全く炭水化物を食べていなかったので、その体重が減ったのが嬉しくてご飯とオイルをたくさん使ったパンや甘いお菓子を食べたい欲求が一気に高まってしまい、ドカ食いをするようになってしましまいた。

そのおかげで2か月間で6キログラム減らした努力が無駄になり、2週間で一気に6キログラムリバウンドしてしまいました。

とても辛かったダイエットの失敗談です。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です