体脂肪率を減らすためにプロテインを摂取するも…。効果を出すには?


体脂肪率が高いため、プロテインを取り入れたダイエットを試しました。

朝ごはんの代わりにプロテインを飲んで他は普通に食事をしていたのですが、一週間経っても体脂肪率が減らないばかりか、体重が増加してきてしまったのです。

食べる量も昼と夜は変わっていませんし、むしろ意識して減らしていたので驚いたのですが、友人からプロテインはカロリーが高いため、運動をしないと逆効果だと指摘されました。

スポンサードリンク

確かに私はプロテインを取り入れるだけで運動量も増やしてはいませんでしたし、ストレッチなどもあまり行っていなかったです。

スポンサードリンク

指摘をされてから、プロテインを飲んだ後にウォーキングやダンベルなどを取り入れるようにしました。

始めは体重が増加したのですが、体脂肪率は下がっていて、二ヶ月目には体重が一気に減量したのです。

プロテインを取り入れて運動をすることによって筋肉がつきやすい身体に変化し、体脂肪率を落とすことが出来たのだと思います。

脂肪は筋肉と同じ重さでも見た目は全く異なるそうで、私は特に見た目を重視していたので、大成功だと思います。

プロテインダイエットで気を付けなくてはならないのは、やはり飲んだら筋肉が付くものではないことを認識することです。

プロテインはあくまでも筋肉を付けるサポーターなので、運動などを取り入れないことには体重を増加させる恐れがあります。

また、筋肉が付くと一時的に体重が増えるので、そこで諦めないことも大切です。

体重だけではなく体脂肪率を把握してダイエットに取り組むことが重要だと思います。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です