スキニーが入らない!ストレス太りをなんとか解消してサイズダウン


私は、身長が高いです。

以前は体重もすくなかったので、自分で言うのも何ですが、スラッとした体型でした。

特に足が太いということもなく、割りとどんなスキニーパンツでも履けていました。

スポンサードリンク

なので、好きなデザインや好きな形のスキニーパンツを選ぶことができて楽しかったです。

でも、いつの間にか太ってしまいました。

体重が増えてしまったのです。

その分、太ももが太くなってしまいました。

太ももに贅肉がついてしまったのです。

ウエストとか他の部分はあまり変わらないのに、ショックでした。

その結果、それまで履いていたスキニーパンツが入らなくなってしまいました。

スポンサードリンク

よく、太ってしまって服が着れなくなったという話は聞きますが、それが自分に起こるとは思っていなかったので、ショックでした。

でも、スキニーパンツを買い換えるのもお金がかかります。

なので何とか痩せようと思いました。

とりあえず大きいサイズのスキニーパンツを必要最低限の2枚購入して、痩せることにしました。

太った原因ですが、おそらくストレスによる暴飲暴食です。

その頃育児のストレスで毎日イライラしていて、甘いものや飲み物を好きなだけ食していました。

子供の生活リズムに合わせるので、割りと不定期に食べていたのも悪かったです。

なので、まずは間食の量を減らすことにしました。

甘いものも、チョコレートではなく和菓子にしたりして、できるだけカロリーを考えました。

コーヒーの砂糖もやめました。

はじめは物足りませんでしたが、だんだん慣れてきました。

そして、1年くらいかかりましたが何とか元の体重に戻り、再び以前のサイズのスキニーパンツが履けるようになりました。

スポンサードリンク
応援よろしくお願いします!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です